スキー

冬山はスキーが一番!

冬の定番はスキーなんだけど、もう、飽きた?なんていわないで、
白銀の世界で、体力勝負ではない、テクニックとスピードを味わいたい。
そんな気分で、情報集めてみました。
冬山では、スキーが一番!というあなたも、ボード派だからという人も、
もう一度スキーしませんか?

スキー場の変化

ちょっと前までは、冬になったら当たり前のように、猫も杓子もみ〜んなこぞってスキー場へ出かけてたよね。
だけど最近じゃ、原油高とか不況の影響なのか、以前ほどスキーをしに出かける人は多くないみたいだね。
スキー場も、あの手この手を使って、いろいろなサービスを提供しては、リピーターを確保するのにやっきになってるんだとか。
私にしてみれば、スキー場に託児室があるっていうだけでも「へぇ〜。」っていう感じなんだけど、最近のスキー場の託児室は、待機してるのは資格者だけで、資格がない人っていないみたいだし、スクールやレンタル料金を値引きしたり、ホテルとかも宿泊プラスアルファのサービスを考えたり、スキー場にとって、ただ待ってればお客さんが来てくれるっていう時代は終わったんだね。
でも、サービスが充実するのは、スキーヤーにとっては嬉しいことだよね。
思う存分雪山を滑れるっていうもんよ♪

スキー上達への道1

スキーを始めたばかりの人とか、なかなかスキーがうまくならない人なんかは、「早くうまく滑れるようになりたい〜!」って思うよね。
でも心が思ってても、体は思うようにいかないんだよね。スキーに限らず、勉強でも何でも、初めからうまくはできないものだね。

 

うまくできないとき、アナタならどうする?
1人で黙々と滑りまくって練習する?
私は、うまい人に教えてもらってるなぁ。
私の場合、結構思い込んじゃうところがあるから、間違った知識でも思い込んじゃったら、ずっと間違った方法で練習しまくって、いつまで経ってもうまくならないっていうパターンになりそうだから・・・^^;
でも人に教えてもらうときって、受身じゃダメなんだって。
知識も経験もないんだから、受身になるに決まってるじゃん、って思うけど、実際に滑るのは自分の体だから、自分の体の感覚で理解していかなきゃダメみたいだよ。

スキーがうまくなるために

スキーがうまくなるために、人に教えてもらうことは悪くないと思うけど・・・。
あくまでも、人から教わったことっていうのは、知識として頭に入れておくっていう感じにして、
教わった知識をイメージしながら、自分の体の感覚に変えることが、大事なんだって。
それから、そこそこ滑れるようになってきたときには、今までの知識とか自分の滑り方を、今度は反対に捨て去らなきゃいけないんだって。
せっかく今まで苦労して身に着けてきたオリジナルの滑り方を、何で捨てなきゃいけないのさ!?って思うかもしれないけど、覚悟を決めてやってみると、新しい自分のスタイルが、案外みつかるものらしいよ。
たとえどんなスタイルでも、基本スタイルっていうのは1つだけで、身に着けた基本スタイルから先に、いろいろなスタイルに広がっていくから、可能性は無限なんだって。

スキーのリフト

スキー初心者にとって、ゲレンデは緊張の連続だよね〜。
初めてリフトに乗るときなんて、ドキドキじゃない?
リフトに乗ってるときに、たまに停まったりして、「あ、誰か転んだな」って思うこともあるよね。 でもリフトって子供だって乗ってるし、慣れれば平気だよ〜。
<リフトの乗り方>
1.手首からストラップを外して、両方のストックを手にまとめて持っておこう。
2.リフトが進む方向へ向けて、スキー板を揃えておこう。
3.リフトがきたら、腰を落としてイスに座ろう。
4.片手でバーをつかみ、ストックは膝の上に揃えて持とう。
<リフトの降り方>
1.降りるまでイスに座って待ち、スキー板はまっすぐ向けておこう。
2.イスを持ちながら前に体を傾ければ、そのまま滑れるよ。
3.後からどんどん人が降りてくるから、邪魔にならない位置まで滑ろう。
降りるときに、手を挙げたりしてサインを出せば、リフトのスピードを落としてくれるゲレンデもあるみたいだから、不安だったら、思い切って手を挙げて、スピードを落としてもらった方がいいね。
降りるのに失敗してリフトを停めちゃうよりは、気持ち的に楽だと思うよ〜。

日頃のスキートレーニング

スキーがうまくなりたいって思うなら、日頃からトレーニングが大事なのはわかるけど、わかっててもなかなか実行には移せないんだよね。
ジムでトレーニングしたいと思っても、なかなかジムに行く時間なんてないし、家でトレーニングしようって思っても、トレーニングする場所なんかないし。
ところが、オススメのトレーニング場所があるんだって。
どこだと思う?・・・答えは電車の中。
スキーはバランスが大事、電車に揺られてる時間は、スキーの練習にもってこい!って考え直すと、いいトレーニングになるらしいよ。
つり革にはつかまらないで、足を肩幅ぐらいにしてバランスを取るように立っていると、いい練習になるんだって。
足の幅を狭くすればするほど難しくなるから、慣れてきたら、だんだん足の幅を狭くしていくといいみたい。
私みたいに、電車のドアが開いた瞬間、開いてる席を探してレッツゴー・・・って座っちゃう人は、時間がもったいなかったのかも。